大船渡市「恋し浜」について

恋し浜は、大船渡市三陸町綾里地区にある、小さな集落です。集落に住んでいる方のほとんどは漁師さんと家族。眼の前には、越喜来(おきらい)湾の静かな入江がよこたわり、山と海に囲まれた静かな場所です。

ここの海では、ホタテ、ホヤなど様々な養殖水産物が育ちますが、恋し浜の名を全国的に有名にしたのは、この地の漁師グループ「小石浜青年部」のみなさんが育てるホタテです。恋し浜ホタテは、世界三大漁場、三陸の豊富な栄養と山からの栄養を受けて育ったたホタテです。そしてなにより、質を追求する漁師さんたちのこだわりが詰まっています。

小石浜漁港では深夜2時ともなると漁師さんが出港。養殖施設の整備や水揚げなど、ホタテ養殖の作業をおこなっています。そして朝6時には水揚げされ、東京豊洲など全国の消費地へ出荷されていきます。

ホタテデッキでは、そんな恋し浜ホタテを浜焼きでお召し上がりいただけます。恋し浜ホタテは、毎年6月〜2月が旬ですので、ぜひ旬の時期に恋し浜を訪れていただければと思います。(浜焼き体験は、事前にご予約をお願いいたします。)詳しくはこちらから。